学会会則

第1章 総 則

(名 称)

第1条 本会は北海道医療大学リハビリテーション科学学会(The Rehabilitation Science Society of Health Sciences University of Hokkaido )と称する。

(所在地)

第2条 北海道石狩郡当別町金沢1757

(目 的)

第3条 本会は北海道医療大学リハビリテーション科学部(以下,本学部と略す)教職員を中心とする会員の緊密で建設的な協同と連携,交流により,リハビリテーション科学における学術研究の推進と専門知識・技術の発展に寄与することを目的とする。


第2章 会 員

(会 員)

本会は以下の会員よりなる。

1)正会員

本学部教員,大学院生および本会の趣旨に賛同する者

2)名誉会員

本会の設立または発展に特別に功労のあった者で,本会役員が推挙し,本会役員会の承認を得た者

3)学生会員

本学部学生で本会役員会の承認を得た者

4)賛助会員

本会の目的および事業に賛同し,協力・支援する個人や団体などで,本会の役員会の承認を得た者

(入 会)

第4条 本学部教職員は、すなわち本会会員となる

2 前条の2,3および4項に規定する会員は,入会意思確認後,本会役員会の承認をもって会員となる

(退 会)

第5条 会員は以下の事由により退会となる

1)本大学を退職した時

2)前条の2項により規定される会員の退会については,本会役員会に対し文書により退会意思を通知した時

3)本人が死亡した時

4)除名された時

(会員資格喪失)

第6条 会員が次の各号の一に該当する場合には,本会役員会の議を経て,これを除名することができる。

1)2年以上の間,所在不明または連絡のつかない者

2)本会の名誉に反する言動のあった者,または目的に反する行為をした者

2 前項の規定により会員を除名しようとする場合は,本会役員会の議決の前に本会員に対して弁明の機会を与えなければならない。


第3章 役員および運営

(役 員)

第7条 本会に以下の役員を置く

1)会長 1名

2)理事 6名以上10名未満(うち会計2名)

3)監事 2名

(選任等)

第8条 理事および監事は本学部教授より選挙にて選出し,総会にて承認する。

2 会長は理事の互選とする。

(職務)

第9条 会長は,本会を代表し,会務を統括する。

2 理事は,本会役員会を構成し,本会則の定める目的および役員会の議決に基づき,本会の業務を執行する。

3 理事は,前項の会務を執行するために以下の分担任務を置く。

1)事務局長 1名

2)庶務 2名

3)会計 2名

4)編集 2名

5)学術大会 2名

4 各分担任務においては,各々部員を配置する。

5 監事は,次に掲げる職務を行う。

1)理事の業務執行の状況を監査すること

2)本会の財産状況を監査すること

3)監査の結果,本会の会則・業務および財産に関し不正の行為または本学の諸規定に違反する重大な事実があると認めた場合には,これを総会に報告すること

4)理事の業務執行の状況または本会の財産の状況について,理事に意見を述べること

6 理事および監事は,互いに他を兼ねることができない。

7 会長の召集のもと,必要に応じて理事会を開催することができる。理事会は理事および幹事により構成され,過半数の出席をもって成立し,議決は出席者の過半数の賛同をもって決定される。

(任期等)

第10条 役員の任期は,2年とする。ただし再任は,これを妨げない。

2 欠員補充のために就任した役員の任期は,前任者の任期の残存期間とする。

3 役員は,辞任または任期満了後においても,後任者が就任するまでは,その職務を行わなければならない。

(欠員補充)

第11条 何らかの事由により役員に欠員が生じた時は,遅滞なくこれを補充しなければならない。

(解任)

第12条 役員が次の各号の一に該当する場合には,理事および監事は総会の議決により,これを解任することができる。

1)心身の故障のため,職務の遂行に堪えないと認められるとき

2)職務上の義務違反,その他役員としてふさわしくない行為があったとき

2 前項の規定により役員を解任しようとする場合は,議決の前に当該役員に対して弁明の機会を与えなければならない。

(報酬)

第13条 役員は,無報酬とする。

(顧問および相談役)

第14条 この学会に,若干名の顧問および相談役を置くことができる。

2 顧問および相談役は,本会役員会において選任し,任期は役員に準ずる。ただし,再任は妨げない。

1)顧問は,有識者など会員以外から選ぶものとし,役員会の求めに応じて,本会の運営に助言し,関係する会議に出席して意見を述べることができる。

2)相談役は,正会員の中から選ぶこととし,会長の諮問に答え,本会の運営に協力する。

3 顧問および相談役は、無報酬とする。


第4章 事 業

第15条 本会は第2条の目的を達成するために以下の事業を行う。

1)総会

総会は,会長の招集により年1回開催し,以下の議案について審議する。総会は正会員より構成され,委任状を含む過半数の出席をもって成立する。議決は出席者の過半数の賛同をもって決定される。また必要に応じて会長は臨時総会を開催することがある。

① 前年度事業報告

② 次年度事業計画

③ 前年度決算報告

④ 次年度予算案

⑤ 役員の選出

2)学術大会

学術大会は年1回開催し,会員の研究発表,その他学術発展に関する行事を行う。

3)学術講演会,研修会

リハビリテーション科学に関する学術講演会,研修会を行う。

4)その他

本会の目的を達成するために必要と認めた事業。

5)本会の事業年度は,毎年5月1日に始まり翌年4月30日に終わる。


第5章 学術大会

第16条 学術大会は,毎年1回開催する。

1)学術大会長は,大会開催にあたって実行委員会を組織し,企画・運営にあたる。

2)大会の企画・運営にあたっては,学会役員は実行委員を兼務することができる。


第6章 会 計

(運営経費、会計)

第17条 本会の運営経費は,事業を行う際に徴収する会員の納入する会費,賛助会員による寄付金およびその他の収入をもってこれにあてる。

2 各会員の会費は以下のとおりとする

1)正会員

年会費 3,000円

2)賛助会員

年会費 30,000円

3 本会の会計年度は事業年度と同一とする。

4 決算上余剰金を生じたときは,次事業年度に繰り越すものとする。

(会計報告)

第18条 本会の収支決算については,本会役員会の承認を得て,総会において会員に報告しなければならない。


第7章 雑 則

(事務局)

第19条 本会の事務局は,これを本学部内に置く。

(会則の改廃)

第20条 この会則に定めるもののほか,本会則の実施に必要な内規は役員会の議を経て別に定めるものとする。

第21条 本会の改廃は役員会の承認を得て,会長は会員に報告しなければならない。


附 則

1 本会則は平成25年12月7日より施行する。