投稿規定

1.本誌の名称と目的

北海道医療大学リハビリテーション科学学会の機関誌として「リハビリテーション科学研究」,英語名「Rehabilitation Sciences and Research」を発行する。本誌は,リハビリテーション科学および関連する分野の学術的発展に寄与するため,論文および資料を掲載する。


2.記事の種類

1) 研究論文(原著):新規性および独創性があり,明確な結論を示した論文。

2) 総説:過去の研究を分析・考察した文献研究,およびさらに将来的展望を論評した論文。システマティック・レビューを含む。

3) 症例研究:症例の臨床的問題や治療結果について科学的に研究を行い,考察を行った論文。

4) 実践報告:研究,教育,臨床などの実践の中で,新たな工夫や介入,結果などについて具体的かつ客観的に情報提示された報告。

5) 短報:独創性のある知見・見解に対して,速報・略報として短く簡潔に記載された研究論文。

6) その他:研究,教育,臨床などにおいて,内容が学術的に有益と判断されたもの。


3.著者

本誌に投稿された論文の筆頭著者は,原則として本会会員とする。ただし,編集委員会が認めた場合は,その限りではない。共著者は,本会会員でなくても良い。投稿する論文について一番熟知しており,掲載後に論文の責任者として問い合わせを受ける者として責任著者を明記できる。その場合,責任著者は本会会員とする。著者の数は,当該研究・執筆に寄与した人のうち必要最小限の人数とする。なお,審査開始後の著者の変更は原則認めない。


4.投稿原稿と著作権

投稿原稿は,他誌に発表,または投稿中の原稿は受け付けない。本規程及び執筆要領に従って作成した原稿について受け付ける。著者の論文に対する責任および著作権譲渡の確認のため,別紙の投稿承諾書に自筆署名し,提出する。本誌に掲載された論文の著作権は北海道医療大学リハビリテーション科学学会に帰属し,本誌に掲載許可された論文はオンライン公開される。


5.利益相反

論文に関連する企業や営利団体等との利益相反の有無について,本文中に明記すること(厚生労働省の「研究に関する指針について」を参照)。


6.研究倫理

ヘルシンキ宣言および厚生労働省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」などの医学研究に関する指針に基づき,対象者の保護には十分留意し,説明と同意などの倫理的な配慮に関する記述を必ず明記する。また,研究にあたり,所属研究機関・施設あるいは関係団体の倫理委員会ないしそれに準ずる委員会の承認を得ることを必須とし,倫理審査委員会名および承認番号(または承認年月日)を必ず明記する。なお,倫理審査委員会により承認の非該当となった場合には,その旨を記載する。


7.原稿の採択

原稿の採否は複数の査読者の意見を参考に編集委員会において決定する。査読の結果,編集方針に従って原稿の修正を求めることがある。修正を求められた場合は,3ヶ月以内に修正稿を再提出すること。提出期限を超過した場合は,新規投稿論文として扱われる。また,必要に応じて編集委員会の責任において,字句の訂正を行うことがある。


8.校正

著者校正は原則として1回とし,誤字脱字を除く文章および図表の変更は認められない。


9.掲載および費用

採択された原稿の論文は,採択された日付順に掲載する。規定分量の範囲内までは無料掲載するが,超過した場合は超過分に要した経費(1頁当たり2,000円×超過頁数分)を徴収する。


10.原稿投稿と送付先

1) 投稿原稿:①表題頁,②和文要旨と英文要旨,③本文と文献からなる3つのMS-wordファイルと④図や表ごとに1点ずつ記したPDFファイルを作成する。

2) 投稿承諾書(Word版, PDF版):自筆署名した投稿承諾書のPDFファイルを作成する。

3) 上記1)と2)のファイルを,以下のアドレス宛にメール添付にて送付する。なお不明な点がある場合は,以下アドレスの編集委員会に問い合わせる。


北海道医療大学リハビリテーション科学学会編集委員会

E-mail: rsshsuh-journal@ml.hoku-iryo-u.ac.jp

(平成30年9月2日より施行)