学会長挨拶

北海道医療大学リハビリテーション科学学会

「人の健康や生活の充実」に欠かせざるをえない“知の貢献”

学会長 鎌田 樹寛


北海道医療大学リハビリテーション科学学会(以下,学会)は,リハビリテーション領域(理学療法・作業療法・言語聴覚療法を核とする)における学際的交流や学術研究の推進に伴う専門知識・技術の発展に寄与することを目的に2013年に設立されました。会員は,学部教員をはじめ,本会に賛同する者,大学院(修了)生,学部(卒業)生,および研究生などで構成されています。当学会は,道内私立大学では唯一大学院(博士後期課程)を有する基盤から,会員相互の研鑽や交流の場であり,新たな知識の発信地になることが期待されています。

具体的には,生命科学(生体構造機能・病態解析学・リハビリテーション治療学)に基づく累積的進捗から人間・心理・社会科学(リハビリテーション治療学・地域健康生活支援学など)に基づく課題解決という,幅広い研究領域を持つこととされています。そのため当学会からの成果は,「人の健康や生活の充実」に欠かせざるをえない“知の貢献”を生むことが考えられます。また,当学会が大学関係者のみならず,臨床や地域での実践者にも賛同され得るための「連携・協業(働)の実現」が重要であると考えています。

当学会に賛同されるみなさまとともに「新たな発見・前進・深化」が実感できるように努力しようではありませんか!